【※感動】全く売れないバラの花を電車内で売る女性。一人の男性が予想外の提案をした結果・・・バラが完売した!

※感動

 

全く売れないバラの花を

電車内で売る女性。

 

一人の男性が予想外の提案をした結果・・・

 

バラが完売した!

 

一体どんな提案をしたのでしょうか?

バラの花を売る女性

生活をしていくために

毎日我慢しながら、

ニューヨークの地下鉄で

花を売っていた女性のお話です。

 

アメリカ・ニューヨーク市の

地下鉄6号線で奇跡は起こりました。

 

一人の貧しい女性は

いつもと変わらぬ様子で

 

「1本1ドル、12本だと11ドルしますよ」

 

と周りの乗客に説明しながら

バラを手売りしていました。

すると、

スーツ姿の男性が女性に近づき、

「今、手元に何本のバラが残っていますか?」

 

と尋ねてきたのです。

女性「140本ありますよ」

男性「それでは全部で140ドルということですね?」

 

男性の意図がわからず、

きょとんとしている女性をよそに

男性はすっと140ドル(約16,000円)

分の紙幣を差し出してきたのです。

 

お金を受け取りながらも

いまだ理解が出来ない女性。

 

普段地下鉄の車内でまとまった花を

購入する人はそうそういないはず。

 

しかし、

その後の男性の提案に

さらに驚くことに!

 

バラの花をすべて購入した男性は、

花売りの女性にこう提案します。

 

「このバラはみんなに

配ってあげてください。

売るのではありません。

ここにいるひとたちに

差し上げてください。

いいですか?

約束してくれますか?」

 

この男性の言葉に

胸を打たれた花売りの女性は

「約束するわ…」

と涙ながらに答えます。

男性が下車した後も涙が止まらない女性。

 

しかし

男性との約束を果たすため、

車内のひとたちに向けて声を出し始めます。

 

「バラが欲しい方!

どうぞおひとつ持って行ってください!

差し上げます!」

この光景を見ていた車内のひとたちは

不思議と感動に包まれました。

 

粋な男性ですね( ;∀;)

感動しました。

 

これについてネットの反応

・素敵すぎでしょ!!感動!

・1万6000円分買うってカッコイイなぁ

・めっちゃジェントルメンじゃんww

・これは感動するわ。

・こんなんされたら惚れてまうwwww

 

どうでしたでしょうか?

この男性の優しさは

花を売り歩いて暮らすことしかできない

彼女の心に染みたに違いありません。

出典:www.youtube.com