【※驚愕の実話】大好きな彼女との記念日に帰宅すると、彼女が浮気をしていた。そして俺は冷静にあることをしました・・・

出典:http://livedoor.blogimg.jp

 

※驚愕の実話

 

大好きな彼女との記念日に帰宅すると、

彼女が浮気をしていた。

 

そして俺は

冷静にあることをしました・・・

 

それがとんでもないことなんです!

彼女との記念日に帰宅すると

今26歳、

中堅会社の営業してるんですけど、

29歳の彼女がいました。

 

出会って7年、

付き合って4年目なんですけど

今年から同棲してて

ちょうど10/28が4年目の記念日でした。

 

俺はこっそり仕事を休んで、

少ない給料で買ったネックレスとケーキ、

あとビーフシチューの材料を

用意して家に帰りました。

 

彼女、すごいビーフシチューが好きなんです。

 

だから喜ばせようと思って

家に帰ったら、

玄関に俺のものじゃない靴がありました。

 

あ、とおもってこっそり家に入ったら

リビングに脱ぎ捨てられた彼女の服と

男性の服がありました。

 

もちろんおれのものじゃありません。

 

ベッドルームに近づくと、

アノ声が聞こえました。

 

うちのベッドルームは引き戸なので

コッソリ扉を開けて中を見ると

案の定の光景が広がってました。

 

不思議と冷静だった俺は、

写真をiPhoneでとって、

ビーフシチューを作り始めました。

 

ちょうど、あらかた準備が終わり

煮込み始めようかというときに、

ベッドルームの扉が空いた音がしましたが、

キッチンの方にはこないので

どうやらそのまま目の前にある

風呂にいったようでした。

 

そして

再びベッドルームに戻って行きました。

 

作り始めて二時間ほどでしょうか、

なんかそこらへんの時間の感覚が

曖昧なんですが

ビーフシチューができました。

 

いつもは2人分しか必要ないのに

その日は三人分、

お皿についでテーブルにおきました。

 

すると、

タイミングがいいのか悪いのか、

男がリビングにやってきたんです。

 

携帯かなんか見に来たんですかね。

 

人生で初めて目の前で

人が驚いて腰を抜かしていました。

 

まあ当然なんですけど、

あわてて彼女のところに戻って行って

すぐに彼女もリビングにやってきました。

 

もちろん2人とも服を着ていません。

 

俺は2人に、

「ビーフシチューつくっといたから。」

といって、

自分の最低限の荷物、

通帳、はんこなどもって家を出ました。

 

このとき本当に冷静でした。

 

普段となにも変わらない表情だったと思います。

 

後ろから

「まって!ちがうの!」

という声がきこえました。

 

他のスレッドみてて、

よく見るような弁解を言ってたと思いますが

全く耳に入ってきませんでした。

 

家を出て、エレベーターに乗ったとき、

彼女が服を着て家から出てくるのが見えました。

 

しかし、

幸か不幸か8階だったので

一階に着いたとき

まだ彼女はついていませんでした。

 

そして自分のバイク、

cbrにのって家を出ました。

 

それが一昨日のことです。

 

そこから行くあてもなく、

ずっとバイクで走り続けました。

 

そしてきづいたときには泣いていました。

 

人生で初めて無意識に涙が出て、

涙が止まりませんでした。

 

俺は彼女のことが好きでした。

 

出会ってからいままで、

喧嘩という喧嘩はしたことないし、

バカップルといわれてもいいくらい

仲よかったんじゃないかと思います。

 

まあ、今となっては

自分がそう思ってただけかもしれませんが。

 

着信履歴、メール、ラインには

たくさんの通知が来ていました。

 

いやになったので電源を切りました。

 

近くにあった駐車場に

バイクを止めてふらふらと歩きました。

 

家を出たのがだいたい

16:30くらいでしたが、

すでに外は真っ暗で

車通りも少なくなっていました。

 

なんで自分が泣いているかもわからなくなりました。

 

家での場面が急によぎって

なんども吐きました。

 

誰に相談すればいいのかもわからず、

会社用の携帯電話で

「不倫」と検索していました。

 

検索していくなかで

掲示板に出会いました。

 

いろんな人の体験談がありました。

 

俺はなぜかそれを読んで

ああ、自分はちっぽけだなあと思いました。

 

そしたら急にもうどうでもよくなって、

もともとだるかった体が

さらにだるくなってもう無理だな、

って思ったんです。

 

公園のベンチで調べていたら

朝になっていて、

携帯の充電もなくなりそうになったので、

近くのマクドナルドで

充電をしていました。

 

全く食欲がありませんでした。

 

携帯を充電している間、

彼女といままでしてきたことを

思いだしました。

 

大学のとき、

同じサークルで出会い、

割とすぐに仲良くなって、

付き合ってないけど

ご飯よく行くみたいな関係になって…

一緒にいる時間はとても幸せでした。

 

とってもかわいく、やさしい人でした。

 

ああ、よく考えたら

あんな人が俺と付き合ってくれるはずがない、

俺が一人で舞い上がってたんだと思うと、

また涙が出ました。

 

どうしたらいいかわからなかったので、

友達にも両親にも連絡していませんし、

するつもりもありませんでした。

 

余計な心配かけたくなかったんです。

 

でもどうしても

誰かに聞いて欲しくてここにかきました。

 

だらだらと

下手な文章書いてしまってすいませんでした。

 

ネタだと思う方、ネタじゃないんですが、

不快にさせてしまったのなら

申し訳ありません。

 

ですが、事実です。

 

これで最後で消えたいと思います。

 

これからどうするか全く考えていません。

 

どこかに消えたいな、

としか思い浮かびません。

 

つぎに携帯の充電が切れたら

携帯も捨てるつもりです。

 

もし見ている方がいたら、

嬉しいです。

 

ありがとうございました。

 

ドラマのような小説のような話が

実際に起こるんですね…。

 

これについてネットの反応

・おれならその相手を許せないな

・女って怖いなw同棲してる家に男入れるなんて・・

・ありえないな、いい子かもしれんが早めに気づいてよかったんじゃないか

・そんな現場見たら立ち直れないおれならw

・これは地獄だわwwww

 

家に知らない人がいるだけでも嫌なのに、

自分が寝るベッドでされてると思うと

ゾッとしますね…。

参照元:http://uwakich.com/archives/45906344.html

引用元:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/furin/1446306386/