【※閲覧注意】廃墟の地下で悲惨な状態で発見されたワンちゃん。人間によって受けた残酷な仕打ちとは・・・

出典:Youtube/Animal Aid Unlimited, India

 

※閲覧注意

 

廃墟の地下で悲惨な状態で

発見されたワンちゃん。

 

人間によって受けた

残酷な仕打ちとは・・・

死の淵をさまよっていたワンちゃん

これはインドで起こったお話、

野良犬とアニマルレスキューとの

感動の出来事・・・。

 

アニマルレスキューって

ご存知でしょうか?

 

日本にいると

あまり馴染みのない言葉ですよね。

 

アニマルレスキューとは

人だけではなく

動物も救助を行うべきだという

考えに基づく社会運動。

飼い主を失ったペットの

殺処分を避けるために

里親を探す、

虐待を受けたり病気やケガをした

動物を保護するなどの活動を行う。

出典:wikipedia

 

ある日、

アニマルレスキューの元に

「酷く弱った野良犬がいる・・・」

との連絡が入りました。

 

アニマルレスキューが

現場に駆けつけてみると、

廃墟の地下に一匹の野良犬が

今にも絶命しそうな姿で

丸まっていました。

 

その姿は、

悲惨さを醸し出し、

数ヶ月間まともなエサも

採れずにいたことが

ひと目で分かる姿でした。

 

【※閲覧注意】

 

その発見された時の写真がこちら

出典:Youtube/Animal Aid Unlimited, India

 

保護されペリーと名付けられたこの犬は、

発見当初、病気にかかっており、

エサを探す体力すら残っておらず…

ただ死を待っているかのような状況でした。

 

スタッフは数日間をかけて

栄養と薬を点滴し、愛情を

たくさん与えました。

出典:Youtube/Animal Aid Unlimited, India

 

すると、

ペリーは見る見る

元気な姿に変わっていきました。

 

こちら

出典:Youtube/Animal Aid Unlimited, India

 

職員に飛びかかるほど

元気な姿になったペリー。

 

ペリーにとって

治療は当然必要ですが、

何より愛情が一番の

薬だったのではないでしょうか。

 

世界中では毎日のように

動物たちが捨てられ、

殺処分されています。

 

飼われていた犬にとって、

路上での生活は過酷過ぎるものです。

 

身勝手に捨てたりせず、

責任を持って飼ってほしいと思います。

 

動画はこちら

ペリーのようなワンちゃんが

これ以上増えないことを願っています。

 

すごく痛々しいですね。。。

こんな悲惨な状況で

生活しているワンちゃんたちが

まだまだ沢山いるということですね。

 

これについてネットの反応

・人に振り回されてる犬が可哀想

・見てられない。。。捨てたりするのは止めて欲しい!!!

・犬も人間も同じ生命、責任を持ってほしい。

・ワンコだから捨てていいなんてないからね

・こんな状況でも生きてるって強いな

 

飼われてたワンちゃんが捨てられ、

自分でエサを探して生きていくほど

残酷なことはないです。

出典:Youtube/Animal Aid Unlimited, India