【そういえば確かに…!】ツイッターで「#くいもんみんな小さくなってませんか日本」タグが流行中!

食べ物がだんだん小さくなっているという話は、原材料費の高騰により、コストパフォマンスを考えた企業側の苦渋の選択と言わざるを得ませんが、ここの所それが多すぎるのではないかということです。普段何気なく購入しているものが、実は少なくなっているなんてことはあるようで、それを再認識させるタグが広まっているようです。

ー食い物が皆小さくなっている?

熟玉(煮玉) @nitama58
 Twitterで画像を見る

板チョコは昔から比べると
めちゃくちゃ小さくなってるおね…

下 リニューアル前 55㌘
上 リニューアル後 50㌘ 2014年#くいもんみんな小さくなってませんか日本

食い物がそんなに小さくなっている?そんなばかな・・・と思うのかもしれませんが、多くの方がそれを感じているようです。それを再認識するため「#くいもんみんな小さくなってませんか日本」というタグを見てみると、確かに食べ物が小さくなっていることが確認できます。チョコレートやミートソース、ありとあらゆるものが小さくなっているようです。

ミハナ @mihanakaTwitterで画像を見る
 Twitterで画像を見る

左2001年、右2016年。
#くいもんみんな小さくなってませんか日本

早川タダノリ @hayakawa2600
 Twitterで画像を見る

やはり俺の目の錯覚ではなかった(2015年4月に撮影)#くいもんみんな小さくなってませんか日本

 Twitterで画像を見るTwitterで画像を見る

#くいもんみんな小さくなってませんか日本
味が落ちて値上がりしたくせにこのザマよ(プリングルズ)

最初は「錯覚」かと思った方もこれを見てみると、確かに小さくなったと感じざるを得ません。しかし、最初に言ったとおり、原材料費の高騰による企業側の苦渋の選択と、いわざるをえないということも承知しておきたいもので、このハッシュタグの真髄はこのような状態にさせた日本を誰が責任をとるのか、という憤りでもあるように感じます。